Perfect 10対Amazon.com事件

Perfect 10対Amazon.com事件
Seal of the United States Court of Appeals for the Ninth Circuit.svg
裁判所アメリカ合衆国第9巡回区控訴裁判所英語版
正式名Perfect 10, Inc. v. Amazon.com, Inc. and A9.com Inc. and Google Inc.
弁論2006年11月15日
判決2007年5月16日
引用508 F.3d 1146
訴訟史
前判決Grant of partial injunctive relief: Perfect 10 v. Google, Inc., 416 F. Supp. 2d 828 (C.D. Cal. 2006).
裁判所のなす判断
画像検索エンジンのサムネイル使用はフェアユース。地裁の決定を覆す。
裁判所の面々
裁判官シンシア・ホルコム・ホール英語版マイケル・ダリー・ホーキンス英語版サンドラ・S・イクタ英語版
意見
多数意見イクタ(ホール、ホーキンスが賛同)
参照法条
17 U.S.C. § 107

Perfect 10対Amazon.com事件 (パーフェクトテンたいアマゾンドットコムじけん、正式名: Perfect 10, Inc. v. Amazon.com, Inc. and A9.com Inc. and Google Inc.) とは、米国著作権法に基づく著作権侵害およびフェアユース (公正利用) を巡り、成人向け雑誌Perfect 10英語版Amazon.comとその子会社A9.com、およびGoogleとの間で争った2006年から2007年にかけての一連の裁判である。画像検索エンジンの一部としてのハイパーリンクとGoogleのフレーミングが高い変形的利用であるため、Perfect10の画像のフェアユースを構成するとして、二審の第9巡回区控訴裁判所は一審の地方裁判所の決定の大半を覆す判決を下した[1]