批判理論

前列、左がホルクハイマー、右がアドルノ、背後の後列右端で頭を掻いているのがハーバーマス

批判理論(ひはんりろん、Kritische Theorie:critical theory、:Théorie critique)は、テオドール・アドルノマックス・ホルクハイマーフランクフルト学派によって展開、発展された、彼らが代表する社会哲学の理論のことである。「批判」と訳される「英:Critique」を特に「批評」と訳す場合、この理論は「批評理論(ひひょうりろん)」と訳されることもある。