国民投票

国民投票(こくみんとうひょう、英語: referendumレファレンダム国民表決)は、国民が直接的な投票によって、国家的な議案を意思決定する制度[1][2]

国民投票は直接民主主義の制度の1つで、国民が直接決定するものである。このため間接民主主義の制度である議員選挙議会での議決などとは異なる。多くの国では間接民主主義と直接民主主義が併用されている。