医療保険制度改革 (アメリカ)

Patient Protection and
Affordable Care Act
(患者保護並びに医療費負担適正化法)
アメリカ合衆国の国章
正式題名An act entitled The Patient Protection and Affordable Care Act
頭字語(口語)PPACA, ACA
通称Affordable Care Act, Health Insurance Reform, Healthcare Reform, Obamacare
制定議会アメリカ合衆国第111回議会英語版
引用
一般法律111–148
Stat.124 119 through 124 立法経緯
主な改正
Health Care and Education Reconciliation Act of 2010
Comprehensive 1099 Taxpayer Protection and Repayment of Exchange Subsidy Overpayments Act of 2011
最高裁判例
National Federation of Independent Business v. Sebelius Burwell v. Hobby Lobby

医療保険制度改革(いりょうほけんせいどかいかく)とは、アメリカ合衆国で試みられているユニバーサルヘルスケア制度の取り組み。バラク・オバマ2008年アメリカ大統領選挙公約として掲げた。

オバマが大統領に就任し、上下両院で民主党が優位となった議会を通過し、2010年3月に大統領が署名して成立(完全実施は2014年以降)したことから、オバマケアとも呼ばれる。主に二つの法律からなる[1]Patient Protection and Affordable Care Act (患者保護並びに医療費負担適正化法、PPACA) [2][3]通称 Affordable Care Act (ACA) が中心となる。

アメリカ合衆国連邦議会予算局の試算では、以後10年間で、保険加入者は3100万人増加し、加入率は83%から94%に上昇するが、費用も9400億ドルに昇る[4]

2014年1月1日、オバマケアでの保険適用が始まった[5]