中華人民共和国専利法

中華人民共和国専利法は、中華人民共和国において発明、実用新案(中国語では実用新型)及び意匠(中国語では外観設計)ーこれら三者を包括して「発明創造」というーを対象とし、これらの発明者に排他的な権利を与える制度を定める法律である[1][2]。日本法にいう特許の他に、日本では個別の法律で規律する実用新案及び意匠という3つの権利が含まれている[2]2008年に3度目の改正案が採択され、翌2009年10月1日より施行された[1]。中国語原語表記は「中华人民共和国专利法」である。