Wikipedia:秀逸ピックアップ

Wikipedia:秀逸な記事のダイジェスト版です。メインページへは当該記事の冒頭部分ではなく、このダイジェスト版が掲載されます。

キャッシュを破棄

今日の秀逸な記事

八丈小島

八丈小島のマレー糸状虫症伊豆諸島南部の八丈小島東京都八丈町)にかつて存在したリンパ系フィラリア症を原因とする風土病である。この風土病は古くより八丈小島および隣接する八丈島では「バク」と呼ばれ、島民たちの間で恐れられていた。本疾患の原因は主に東南アジアで流行するフィラリアの一種であるマレー糸状虫 Brugia malayi の感染によるもので、八丈小島は日本国内唯一のマレー糸状虫症の流行地であったが、1948年(昭和23年)から始まった東京大学伝染病研究所佐々学を中心とする研究者と島民による防圧活動により1968年(昭和43年)には感染者がいなくなり、同島でのマレー糸状虫症の流行は終息した。……

入れ替えはTemplate:秀逸スケジュール