Wikipedia:加筆依頼

このページのガイドライン

手順

はじめに

  • もし、この依頼に掲載しようとしている項目で、単に全体的な加筆が必要な場合などで、Template:SubstubTemplate:Stub(もしくはスタブカテゴリ)を貼って済ませられる場合にはそのようにしてください。
    ただしそのような記事でも、ある問題点に対して加筆を依頼したい場合には、そちらの加筆依頼の方針に従ってください。

行うこと

  1. 加筆テンプレートを、該当記事の項目の一番上に記述して挿入します。
    例:※太字部分のみ。詳細はTemplate:加筆
    ポイント
    1. 「加筆すべき点」には、記事の見出しまたは何らかを指し示す単語分かるように記載してください。
    2. 「yyyy年mm月」には、テンプレートを貼り付けた際の年月を指定します。このテンプレートを貼ることでCategory:加筆依頼内にカテゴリされます。
  2. 以下の見本を、このページの「加筆して欲しい項目」見出しから適切な小見出しを選び、記述して挿入することで、依頼を提出します。
==== [[加筆対象の記事名]] ====
* '''加筆して欲しい内容''' -(ポイント1を参照)
* '''依頼者''' - ~~~~(ポイント2を参照)
* '''加筆完了''' - <!--(加筆者が加筆終了時にと~~~~(ポイント2を参照)を明記する) -->
* '''コメント''' -(任意)
ポイント
  1. 「加筆して欲しい内容」は、依頼者分かりやすく具体的に明記してください。執筆者とお互いに何が必要とされているのかが理解でき、加筆されたときに依頼を除去してよいか否かの判断しやすくするためです。
  2. 「依頼者」および「加筆完了」の
    ~~~~
    には、前者は依頼者が署名を、後者は執筆者が署名をしてください。署名のないものは削除されます。
  3. 加筆されたものや加筆の必要がなくなったものは、リストから除去してください。
    また、十分に加筆された依頼項目を除去するときは、最近大幅加筆された記事への掲載もご検討ください。

留意点

  • 依頼より3か月以上進展のないものは一旦除去され、Wikipedia:加筆依頼/古い依頼へ移動されます。
    • 項目に添付したテンプレートは、引き続きテンプレートのみででも他の利用者へ呼びかける場合であれば、剥がさなくても構いません。
    • 除去されたものについてまだ加筆が必要な場合には、コメントを工夫して提示し直しても構いません。
  • 系統別の加筆依頼テンプレート・加筆依頼カテゴリを新たに作成する場合は、まずそれを扱うウィキポータルもしくはウィキプロジェクトでの議論をお願いします。
    • もし、多数のプロジェクト、及びポータルに関連すると思われる場合(学者の加筆依頼や芸術家の加筆依頼等)、このページのノートで相談してみて下さい。
    • テンプレートとカテゴリのひな型としてTemplate:加筆が利用できますが、スタイルを統一すべきといった合意は今のところありません。実際に作成された加筆依頼カテゴリについてはCategory:加筆依頼を確認ください。
    • プロジェクト又はポータルに専用の依頼場所も設けてください。
  • ウィキポータルに「執筆依頼」や「加筆依頼」が設置されている場合があります。ウィキポータルは、その分野に興味を持っている執筆者や専門家が参照することがあるため、そちらでも告知するのも良いかもしれません。