DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時)-3/15:小胞小管クラスター,グラマトフィルム・スペキオスム-3/14:ハマアオスゲ,カラヒゲムシ属-3/12:NEDD4-3/11:グルタミルバリルグリシン-3/10:発端者,ナチクジャク,第VIII因子-3/9:トパキノン,チャールズ・アボット (植物学者),ザグレブ植物園,ケラトヒアリン,エレイディン,ツルキンバイ,石坂照子-3/6:Adolf Portmann,前庭皮質-3/5:アデリーペンギン属*,エチゴキジムシロ-3/4:ピリ-3/3:フォドマップ-3/3:ヒメヘビイチゴ,フォリドタ・キネンシス,アカキア・ドレパノロビウム,Category:生殖細胞-3/2:小松貴,オヘビイチゴ,フォリドタ属-3/1:都市生態学,環境生態学,比吸収率,ミズヒナゲシ,Category:ゲンゴロウ-2/28:クボガイ,フトコロガイ,アラゲハンゴンソウ-2/27:ビンカムリ,ハチモジDNA-2/26:フミガイ-2/24:ユビキチンリガーゼ,ツノマタモドキ-2/23:マルバネコノメソウ,ヘモゾイン,リュウキュウツノマタガイ-2/22:モロス (恐竜),リソウィキア-2/20:イアン・ウィルムット,カール・ジューン,キース・キャンベル (生物学者),ツノマタタケ,ツノフノリタケ,ゾウギンザメ,アレクセイ・オロヴニコフ,イソカルボキサジド,キナプリル,パラワンヒゲイノシシ-2/18:メタスプリッギナ,ロスリン研究所-2/17:ガッサンチドリ,Category:バイオパンク,細胞内膜系,アトラスブルー,アデニア・グロボーサ-2/16:アキディアヌス属,ワクシニアウイルス-2/15:ビワツボカムリ,イワタカンアオイ-2/15:ビワツボカムリ,イワタカンアオイ,アパラチオサウルス-2/14:Category:否定された生物学の理論,Category:遺伝学史,Category:フィクションにおける遺伝子工学,ソクシンラン,インスリン受容体,カロデンドラム・カペンセ,シオングアンロン,ドリプトサウルス-2/13:藁科玄隆,日本放線菌学会,バガラアタン,Category:ナイセリア属,Category:ヘモフィルス属,Category:生物学の理論,リュウキュウコザクラ-2/12:Ap4A,アラーモン,春山哲也,ティラノサウルス上科-2/11:レフ・セミョーノヴィチ・ベルグ,比較動物学博物館,ストケソサウルス-2/10:前上顎骨,ジュラティラント,シノティラヌス,キレスクス-2/9:プロテインキナーゼR,ブロントルニス,イトグモ,メセンブリオルニス,ララワビス,プシロプテルス,前眼窩窓,ラウリ-2/8:シコクシモツケソウ,ヒイロタケ-2/7:フォルスラコス科,キバナハタザオ-2/6:恋矢,ドロモルニス科,ハンス・ヴィンクラー,クリカワヤシャイグチ,ハナオチバタケ-2/5:ツレサギソウ属-2/4:コガネヤマドリ,ハナガサイグチ,ガストルニス科,ガストルニス目-2/3:ネララビン,アカヤマドリ (菌類),著者名の引用 (植物学),ホオベニシロアシイグチ,相川広秋,キアミアシイグチ,アイヒラーの法則-2/2:アシナガイグチ,著者名の引用 (動物学),パタゴニアヒバ-2/1:ダコミチニブ,プロテインキナーゼB


ログ:2019年 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ユビキチンリガーゼ (ubiquitin ligase) またはE3ユビキチンリガーゼは、ユビキチンが結合したE2ユビキチン結合酵素英語版を呼び寄せ、タンパク質基質を認識し、E2から基質へのユビキチンの転移を助ける、もしくは直接的に触媒するタンパク質である。ユビキチンは標的タンパク質のリジン残基にイソペプチド結合英語版によって付加される。E3リガーゼは標的タンパク質とE2酵素の双方と相互作用し、それによってE2酵素へ基質特異性が付与される。

ヘモゾイン (hemozoin, haemozoin) は、いくつかの吸血性寄生虫によって血液の消化物から形成される廃棄物である。マラリア原虫住血吸虫、一部のサシガメといった吸血動物は、ヘモグロビンを消化して大量の遊離ヘムを放出する。ヘムはヘモグロビンの補欠分子族で、ポルフィリン環の中央に原子を含んでいる。遊離ヘムは細胞に対して毒性があるため、寄生虫はそれをヘモゾインと呼ばれる不溶性結晶へと変換する。マラリア原虫では、ヘモゾインはしばしば「マラリア色素」(malaria pigment)と呼ばれる。

細胞内膜系 (endomembrane system) は、真核細胞細胞質に位置するさまざまなから構成される。これらの膜は、細胞を機能的・構造的区画または細胞小器官へ分割している。真核生物では、細胞内膜系の細胞小器官には核膜小胞体ゴルジ体リソソーム小胞エンドソーム、そして細胞膜が含まれる。

過去の5項目:インスリン受容体,著者名の引用 (動物学),プロテインキナーゼB,プロテインキナーゼA,クモマベニヒカゲ

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー