古今東西の哲学者たち


ウィキポータル哲学へようこそ!ウィキポータル 哲学哲学分野のポータルです。ポータル改良のため、あなたの編集を歓迎いたします。何か質問がある場合はノートページで質問してください。

  • 現在、このポータルの保全及び改善に協力して頂けるメンバーを求めています。詳しくは、ノートで。

哲学ポータルのキャッシュをクリアする←ページ変更が反映されない場合、クリックしてください。

特集項目

[]
Ludwig Wittgenstein 1910.jpg

ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン: Ludwig Josef Johann Wittgenstein1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリアに生まれ主にイギリスで活躍した哲学者である。後の言語哲学分析哲学に強い影響を与えた。初期の著作である『論理哲学論考』に含まれる「語り得ぬものについては沈黙しなければならない」という命題は、一般にも有名な言葉の一つである。

イギリスにあるケンブリッジ大学トリニティ・カレッジバートランド・ラッセルのもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『論理哲学論考』に哲学の完成をみて哲学の世界から距離を置く。その後、小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。トリニティ・カレッジに復学してふたたび哲学の世界に身を置くこととなる。やがて、ケンブリッジ大学の教授にむかえられた彼は、『論考』での記号論理学中心、言語間普遍論理想定の哲学に対する姿勢を変え、コミュニケーション行為に重点をずらしてみずからの哲学の再構築に挑むが、結局、これは完成することはなく、癌によりこの世を去る。62才。生涯独身であった。なお、こうした再構築の試みをうかがわせる文献として、遺稿となった『哲学探究』がよく挙げられる。そのため、ウィトゲンシュタインの哲学は、初期と後期が分けられ、異なる視点から考察されることも多い。

……もっと読む

新着記事・大幅に加筆された記事

()

(*) は加筆・修正・整理などが必要な項目、★は充実したもの(いずれも確認時) 記事を新規に執筆または大幅に加筆した方は、このリストに追加してください。

2019年-1/30 ブレンターノ学派

2018年-12/15 灰色の領域-10/23 福祉批判-10/19 まなざし (哲学)-10/2 科学的証拠-8/30 主観性(リダイレクトから)-8/26 客観性 (哲学)-8/15 存在例化存在汎化普遍汎化-7/29 生命の尊厳-7/28 エウヘメロス-7/21 ジョブ・クラフティング(*)-7/3 フィロゾーフ-6/26 サマリア人のジレンマ(*)-5/30 トマスの公理-5/23 グローバル公民権-5/5 場所的理論と呼応の原理-4/28 実証精神論-4/26 世界の哲学者に人生相談-4/19 シチュエーションアウェアネス-4/6 ウェイソン選択課題-3/23 構成主義 (数学)-2/1 真矛盾主義-1/26 アハ体験 (心理学)-1/3 マクロコスモスとミクロコスモス

2017年-12/6 個人主義的フェミニズム-12/2 デタッチメント-12/1 超知能-11/21 離脱理論-11/16 反デューリング論-11/14 International Society for Philosophical Enquiry-10/2 代替現実-9/8 合接の誤謬-9/7 ホットハンドの誤謬テキサスの狙撃兵の誤謬-9/6 クラスター錯覚-9/1 表情フィードバック仮説-8/27 鈴木康明-8/26 存在の概念がない世界-8/22 村井翔-8/9 宮島肇ウォズニアック・テスト-8/6 山本芳久 (哲学者)(出典無し)-8/3 久田満-7/27 中間論理石井敏-7/24 フランシス・エワルド-7/22 ダンバー数(翻訳中途)-7/13 カルキディケーのクセノピロス-7/12 コペルニクスの原理アリストクセノスコペルニクスの原理-7/5 金満病-6/25 トンネル・ビジョン (思考)-6/17 インポスター症候群-6/16 マルチタスク (心理学)-6/3 ランドスケープデザイン空間論-5/20 林部英雄-5/19 侵入思考-5/15 ボームのダイアログ(翻訳中途,サブスタブ)-4/30 内在秩序と外在秩序-4/13 開かれた社会-4/9 蓋然性(リダイレクトから立項)-4/3 個人の境界線-4/1 自己スキーマ-3/26 アクセプタンス-2/15 人間機械論-2/6 倉澤行洋-1/28 行動活性化*、マターナリズム*-1/15 恋知 -1/9 心理学的ユートピア-1/7 機能的アサーション

2016年-12/14 嫌われる勇気-12/6 アンガーマネジメント-10/7 ムービング・ゴールポスト-9/28 オルタナ右翼-9/22 シチュアシオニスト・インターナショナル-9/4 虚飾-7/30 女性話法-7/3 道 (国学)-6/16 トランスクリティーク カントとマルクス-4/19 貢献心(*)-2/24 エミール (ルソー)-2/23 告白 (ルソー)-2/22 人倫の形而上学の基礎づけ-2/21 アメリカ合衆国の哲学者一覧世界の大思想-2/19 ユダヤ系アメリカ人哲学者一覧-2/15 芸術の言語-1/25 タナー講義ハウィソン講義ポスト分析哲学-1/16 自己開示*-1/12 スタンリー・カヴェル-1/11 科学的コンセンサス, セックスの哲学-1/5 道徳的実在論-1/2 メタ理論, デカルト主義

2015年-12/30 国際哲学コレージュ-12/28 子どものための哲学, 哲学教育-12/27 フェミニスト認識論, フェミニスト哲学-12/23 ミシェル・オンフレ-12/21 ゲーム内部的態度-12/18 認知革命-12/7 心理学の哲学-11/26 輪扁, 公正世界仮説-11/21 信仰主義-11/19 プロセス哲学-10/25 パレイドリア-10/5 つねにすでに-9/14 クリプキ・モデル-9/2 世界内存在-9/1 末人-8/31 ダス・マン(*)-8/30 ゲオルク・ヘンリク・フォン・ウリクト-8/27 同情論証-8/7 観念学-8/1 ポパーの3世界論-7/30 実験哲学, 道徳法則(*), 現象界(*)-7/28 規範倫理学, ケアの倫理-7/24 理論理性-3/30 ボン・サンス-3/5 アリストテレス主義-3/1 新プラトン主義協会-2/16 第一質料-2/1 ヒッパルコス (対話篇)-1/30 オプースのピリッポス-1/22 フランシス・ハッチソン-1/21 道徳感覚学派, 感覚論, 哲学の貧困-1/19 不動の動者, キリスト教哲学-1/18 最高善

>>これ以前のログ

執筆依頼

()
哲学関連で書いてほしい記事がある人はここで依頼してください。また一覧を見て書けそうな記事がある人は、赤リンクをクリックして記事を立ち上げてください。
  • 全般
    • 本体論 - 良心主体主義 - 予定論(予定) - 知的直観 - 観想(現在曖昧さ回避) - 歓待 (哲学) - 間違った類推 - 例外の撲滅 - 滑り坂論法 - 曖昧語法 - 個別科学 - 現実科学 - 俗流唯物論 - 非合理主義 - 概念論 - 事実学 - 本質学 - 意義素 - 流動主義 - マルクス主義教養論 - 距離へのパトス - 無宇宙論 - 汎方法論 - 対他存在 - 個体化(個性化と個体原理と個体化の原理を転送ページに。en)) - 個体原理(個体化の原理と此性とこれ性を転送ページに。en:Haecceity) - en:Simple living - en:Technophobia - en:Technophilia - 集合的志向性(en) - 欺瞞(現在はウィクショナリへの転送。ミスリードに加筆。en) - 他者(他人を転送に。en:Other) - ディアノイア(it)
    • 心理学
      • シーナ・アイエンガー(en
      • 選択 (心理学)(選択 (経済学)を転送に。en
      • イマージナリーフレンド(en
      • バイラル・フェノメノン(en:Viral phenomenon)
      • トンネルング (心理学)(トンネル効果 (心理学)とトンネル視 (心理学)を転送ページに。en)
      • 感謝(現在はウィクショナリーへの誘導。en)
      • 鏡像段階(現在はジャック・ラカンへの転送。en:Mirror stage)
      • 原初療法(en)
      • 寒冷恐怖症(畏寒症を転送に。en)
  • 西洋哲学・西洋思想史(ユダヤ思想・キリスト教神学を含む)
    • 古代(神話時代のギリシア~キリスト教の誕生まで)
      • プロクロス - 天体音楽論 - 偽ロンギヌス(en) - キリキアのシンプリキオス(en
    • 中世(教父哲学~ルネサンス期)
      • テザウロ - ヨセフ・スカリゲル (en
    • 近世(宗教改革~ニーチェ)
      • 世界諸世代(シェリングの『世代』草稿) - 最高理性の崇拝 - 理性万能主義 - 超絶主義(en) - 寛容論(fr)
    • 近現代(19世紀末以降の哲学~)
      • ピーター・ワッセル・ザッフェ(en) - 反証不能性 - 超越論的還元 - ノエマ/ノエシス(en) - 間主観性 - アラン・ドボトン ヨセフ・ラズ(en) - 知の考古学 - 規律規則へのリダイレクト) - シュジェ - パストラ/司牧システム - グヴェルヌマンタリテ/統治性- 翻訳理論 - ペーター・ビエリ/パスカル・メルシエ(en) - トランスクライブ・ベンサム(:en:Transcribe Bentham)
    • その他
    • 不明(時代がわからないもの。分かる人は随時適当な場所に移してください)
      • 『太陽讃歌』古代エジプト
  • 日本思想史
    • 事項:斯文会 - 動物化するポストモダン - 「縮み」志向の日本人(縮み思考をリダイレクトに)
    • 人物:
    • 書籍:風土 (和辻哲郎の書)
  • 東洋思想史
    • 中国思想
      • 事項:
      • 人物:
      • 書籍:
  • その他の東洋諸国(インド以東):
  • インド思想史
    • S.ダスグプタ


加筆・整理依頼

()

全般

悟性 - 精神 - - 存在 - 理性 - ロゴス - 独我論 - 観念論 - 認識 - 知識 - 概念 - 定義 - 昇華

  • 経験 -- まだ一般的な定義のみ
  • ミクロコスモス -- 現在の項目は音楽作品に関して。哲学部分はまだ無し
  • 趣味 -- カントに関しておそまつな触れ方がしてあるのみ
  • 現実 -- 思想史部分を充実させてほしい
  • ストア派 --自然法自然法論にあるようにストアでは自然の観念が重要な位置を占めていたと思われるので、その点について
  • プラグマティズム
  • 蓋然性 --内容的に正しいかチェックをお願いします
  • 我思う、ゆえに我あり
  • ストルゲー -- 英語版より翻訳を試みたが、その内容が著しく不適切であったので中断。ストルゲーの諸定義、ストルゲーにまつわる古代ギリシアから現代までの歴史、哲学、社会学、心理学などにおける議論、他の3つの愛との関連等々。

西洋哲学・西洋思想史

ユダヤ思想・キリスト教神学を含むユダヤ教史関連人物一覧 - 神学者の一覧 - 聖書学者の一覧

古代(神話時代のギリシア~キリスト教の誕生まで)

ソクラテス以前の哲学者 - ソフィスト - エレウシス - ニコマコス倫理学

中世(教父哲学~ルネサンス期)

自由七科 - ドイツ神秘主義 - オックスフォード大学 - ロジャー・ベーコン - オッカムのウィリアム - ヨハネス・ドゥンス・スコトゥス - 普遍論争

近世(宗教改革~ニーチェまで)

デイヴィッド・ヒューム - 超越論哲学 - モナド - 遠近法(ニーチェの哲学に関して) - 実践理性批判 - 判断力批判

現代(20世紀の哲学~)

ウィリアム・ジェームズ - 現象学 - リゾーム - アントニオ・ネグリ - ミシェル・アンリ - フランス現代思想 - 精神医学

現代思想--ほとんど書かれていないに等しい。碩学の方。執筆頼む。--Contra・fascism 2006年7月14日 (金) 07:46 (UTC)

分析哲学--関連の人名を羅列してあるだけであり,ほぼ何も書いていないに等しい。マイペディアですら,まだ緻密に書かれていますが。分析哲学の内容をご存知のかた,執筆を頼みます。--PUGNACIOUS 2006年7月27日 (木) 08:31 (UTC)

複製技術時代の芸術--主に政治の面から捉えた芸術についてしか書けていないようです。特に芸術の「礼拝的価値」と「展示的価値」、映画の問題などについての加筆をお願いします。--LOKT 2015年12月20日 (日) 07:13 (UTC)

整理

グラマトロジー

不明

時代がわからないもの。分かる人は随時適当な場所に移してください。反出生主義英語版antinatalismとリンクしたりして欲しい。

日本思想史

中国思想史

天命--自著作(ブログ)の持込みによる独自研究で、明らかな独自研究部分は外したものの、「受命思想」に関する部分を中心に中国思想に詳しい人に加筆修正をお願いします。--Bokemiann 2011年3月3日 (木) 16:03 (UTC)

インド思想史

アラビア哲学・アラビア思想史

イブン=スィーナー


翻訳依頼

()哲学関連で翻訳してほしい記事がある人はここで依頼してください。また一覧を見て書けそうな記事がある人は、赤リンクをクリックして記事を立ち上げてください。

翻訳状況

翻訳未着手 及び 翻訳中

翻訳未着手のもの及び、翻訳中でまだ翻訳作業が終了していない場合は以下に項目を追加してください。

翻訳作業終了後 精読・査読依頼中

翻訳作業が終了し、翻訳文の精読・査読の協力者を求める場合は以下に項目を追加してください。

一時退避:翻訳進行状況が不明な項目

依頼後、翻訳着手され、その後の進行状況が不明な項目。以下の項目の翻訳状況を確認して、適切に振り分けてくれる協力者を求めます。以下に自身の依頼した項目が置かれていることを確認した場合、速やかに本依頼ページの適切な場所に項目を移動させてください!

依頼終了項目

翻訳のみを依頼し作業が終了した項目、及び、翻訳後の査読・精読も依頼し、終了した項目は以下に移動してください。可能であれば、以下の#翻訳済み項目の一覧表に項目を格納してください。


リスト

[]

早見表

[]
哲学と自由七科。中世の写本より。

哲学の分野

[]

哲学の方法

[]


「ソクラテスの死」ジャック=ルイ・ダヴィッド作(1787)

情報源

()


このページを編集したいと思う方へ
わたしたちはあなたを歓迎します。どうぞお気軽に編集に参加してください。編集の際には、以下に示すティップとこのポータルの目的にご留意ください。

  • 画像を入れるよう、試してください(または、なにかいいアイディアがあったら、それを使ってポータルを改良してください)
  • このページはいわば入り口となるページで、哲学上のテーマについてウィキペディアからの「お勧め」を一瞥させ、このテーマへの入門的導入を与えるためのものです。このページの内容はしたがって、極めて原則的で基本的なものに限られなくてはなりません。したがって索引も組織的構成も、特別な理由がない限り、大幅な変更を加えるべきではありません。
  • このテーマに関してなにか新しい記事を書いたら、またはすでにある記事に大幅な加筆を加えたら、このページの「新着記事」に付け加えてください。その際、「新着記事」欄の古い記事名をあまり消さないでください。「新着記事」は5行から10行くらいまでの長さにしておいてください。


その他のウィキポータル: