ウィキポータル 会計会計に関するウィキポータルです。

会計について調べたい人や、会計の項目を執筆する人のためのページです。
お気軽にご参加ください。
なお、関連するプロジェクトとしてプロジェクト:会計があります。

会計
会計(かいけい、英語: Accountancy)とは、一般に、金銭や物品の出納を、貨幣を単位として、記録、計算、管理等することであり、「情報の利用者が、事情に精通した上で、判断や意思決定を行うことができるように、経済的な情報を識別し、測定し、伝達するプロセスである。」といわれる。... [続きを読む]
特集記事featured article
損益分岐点.gif

損益分岐点(そんえきぶんきてん、break-even point; BEP)は、管理会計上の概念の一つ。売上高費用が等しくなる売上高または販売数量を指す。前者を損益分岐点売上高といい、後者を損益分岐点販売数量という。単に損益分岐点と言った場合、管理会計では前者を指し、経営工学では後者を指すことが多い。

売上高が損益分岐点以下に留まれば損失が生じ、それ以上になれば利益が生じる。このことから採算点とも呼ばれる……

おすすめ記事recommended articles

環境会計(かんきょうかいけい、英:Environmental Accounting; EA)とは、企業などの組織環境に関する社会的責任を果たしつつ、環境保全の活動を効果的・効率的に推進するため、環境負荷や環境保全の費用と効果を把握するための手法である。環境活動と経済活動を連係する環境経営手法として重要な役割を担う。

環境省のガイドラインでは環境会計を「事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位又は物量単位)に測定し伝達する仕組み」と定義している。

環境保全活動を実施することによる環境負荷の削減量との対比をさせる事で効率性を重視した評価が可能となる環境保全効果対比(環境保全コストと環境保全効果)、環境コストに対応する環境保全効果が利益を生むか評価が可能となる経済効果対比(環境保全コストと経済効果)を行うことができる。財務会計の一部を用いた環境に対する費用対効果を現した管理会計が可能であるため、環境負荷と環境コストを体系的に測定・記録・報告する手法として多くの企業が取組むようになった。

新規項目new articles

「Portal:会計」で扱うべき新しい記事がございましたら、どなたでも遠慮なく加筆して下さい。
「*印」:有意な情報が3行ほどにも満たない短い記事

2019年

2018年

2017年

2016年:

2015年:

2014年:

2013年:

2012年:

2011年:

2010年:


主要項目major articles


会計 会計のカテゴリ

財務会計 財務会計のカテゴリ

管理会計 管理会計のカテゴリ

会計監査 会計監査のカテゴリ

団体資格

カテゴリcategories

以下に会計に関わるカテゴリを示す。


テンプレート類templates

会計分野に関しては、以下のようなテンプレート類があります。

  • 会計テンプレート(会計分野の縦一覧):
お知らせnotice

2012年4月23日より本ポータルは正式公開されました。

ニュースnews

2012年

  • 4/17 金融庁企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議でIFRSの適用に関する証券アナリスト協会からの提言に委員から異論が多数出された(IFRSフォーラム)。
  • 3/25 AIJ投資顧問の年金消失事件に関し、証券取引等監視委員会の調べでは、同社の浅川和彦社長がアイティーエム証券に対し、日経)。
  • 3/24 毎日)。
  • 3/22 日本公認会計士協会


執筆依頼wanted
加筆依頼expand
翻訳依頼translate

Wikipedia:翻訳依頼」の方へ出されることもご検討下さい。現在、翻訳依頼はございません。

修正・整理依頼cleanup

修正依頼に加えられる前に、ぜひ「Wikipedia:修正依頼」での注意点も一読下さい。とくになし

査読依頼review

現在、査読依頼はございません。

コメント依頼comment

キャッシュをクリアする←ページ変更が反映されない場合はクリックしてみてください。