香港の地理

香港の衛星写真

香港地理は、主に3つの地域(香港島九龍新界)から構成される。

文字通り「よい香りの港湾」という意味の「香港」は、以前、香木や芳香剤などの交換が行われていた、現在の香港島香港仔周辺の地域に由来している[1]。香港島と九龍半島を隔てる海峡のビクトリア・ハーバーは、世界で最も深い自然の海港の1つである。香港島や260の島、半島は南シナ海に位置しており、珠江デルタの河口にある。

界限街の南の九龍半島と香港島の北の新界は、1860年と1898年にそれぞれ香港政庁へと加えられた。香港の地形は、かなりの丘陵があり、急な傾斜が多い。この地域の最高地点は、大帽山で、標高は958mである[2]。低地は、新界の北西部に存在する。

香港は、珠江の反対側にあるマカオの60 km東に位置する。北は、深圳市との境界がある。陸地の多くは、国立公園や自然保護区となっている。