障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関する条約

障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関する条約
C159
国際労働条約
採択日1983年6月20日[1]
発効日1985年6月20日[1]
分類障害者[1]
テーマ雇用政策、雇用促進[1]
使用者の発意による雇用の終了に関する条約
労働統計に関する条約

障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関する条約(しょうがいしゃのしょくぎょうリハビリテーションおよびこようにかんするじょうやく、英語: Convention concerning Vocational Rehabilitation and Employment (Disabled Persons))は、国際労働機関の条約。1983年6月20日に採択、1985年6月20日に発効した[2]。障害者の職業リハビリテーション対策と雇用機会増進に関する努力義務を定めた条約である[1]

2018年4月時点で83か国が批准している[2]