関税及び貿易に関する一般協定

関税及び貿易に関する一般協定
Cwr lake facade2.jpg
スイスジュネーヴにある旧ガット本部。現在はWTO本部。
通称・略称GATT(ガット)、1947年のGATT(改正前)、1994年のGATT(改正後)[1]
署名1947年10月30日(ジュネーヴ[1]
効力発生1947年のGATTは、正式には発効せず1948年1月1日より暫定適用[1]。1994年のGATTは、WTO協定附属書1Aの一部として1995年1月1日発効。
寄託者国連事務総長(第26条第3項)(1947年のGATT)
言語英語、フランス語(第26条第3項)
主な内容関税その他の貿易障害の軽減
国際通商における差別待遇の廃止
(前文より)
関連条約WTO協定
条文リンク日本語訳英語正文仏語正文(WTO)
テンプレートを表示

関税及び貿易に関する一般協定(かんぜいおよびぼうえきにかんするいっぱんきょうてい、英語: General Agreement on Tariffs and Tradeフランス語: Accord Général sur les Tarifs Douaniers et le Commerce)とは、1947年10月30日にジュネーヴにおいて署名開放された条約、またはこれに基づいて事実上国際組織として活動した締約国団を指す[1][2]GATT(ガット)の略称で呼ばれる[1]

1995年に、GATTの規定を事実上吸収したWTO協定が発効する時点で128カ国が締約国(Contracting Party)であったが[3][4]、正式には発効せず、暫定適用議定書(当初の加盟国について)及び加入議定書(発足の後の加盟国について)に基づいて適用され続けた[1]。この、1947年に署名開放されたGATTを改正した1994年の関税及び貿易に関する一般協定は、WTO協定と不可分の一部とされているが(WTO協定第2条第2項)、1947年のGATTと、WTO協定や1994年のGATTとは、別個の条約である(WTO協定第2条第4項)[1]。改正前のGATTのことを「1947年のGATT」、改正後のGATTのことを「1994年のGATT」と言い、区別される[1]