連合国軍最高司令官総司令部

連合国軍最高司令官総司令部
General Headquarters, the Supreme Commander for the Allied Powers
連合国軍最高司令官総司令部が入った第一生命館(1950年頃撮影)
連合国軍最高司令官総司令部が入った第一生命館(1950年頃撮影)
役職
連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー
マシュー・リッジウェイ
組織
上部組織極東委員会
下部組織参謀部、幕僚部
概要
所在地
北緯35度40分34秒
東経139度45分38秒
北緯35度40分34秒 東経139度45分38秒
設置1945年10月2日
廃止1952年4月28日
テンプレートを表示

連合国軍最高司令官総司令部(れんごうこくぐんさいこうしれいかんそうしれいぶ、英語: General Headquarters, the Supreme Commander for the Allied Powers)とは、第二次世界大戦終結に伴うポツダム宣言を執行するために日本占領政策を実施した連合国軍機関である。連合国軍最高司令部連合国最高司令官総司令部とも。

極東委員会の下に位置し、最高責任者は連合国軍最高司令官(連合国最高司令官とも Supreme Commander of the Allied Powers; SCAP)。日本では、総司令部 (General Headquarters) の頭字語であるGHQ進駐軍という通称が用いられた。支配ではなくポツダム宣言の執行が本来の役目である。結果として、連合国軍占領下の日本は対外関係を一切遼断され、日本と外国との間の人・物資・資本の移動はSCAPの許可によってのみ行われた[1]