転置 (法学)

転置(てんち)とは、欧州連合法(EU法)に関する用語の一つであり、欧州連合(EU)の加盟国が適切な実施措置を可決することによって指令を発効させる一連の手順をいう[1]。転置は、通常、一次立法(固有の立法権限を有する国家機関による立法)又は二次立法(一次立法による授権により立法権限を与えられた国家機関による立法)のいずれかによって行われる。

欧州委員会は、意図どおりの結果を達成するため、転置が適時に正しく行われ、実施されているかどうかを綿密に監視している[2]。不正確な転置は、立法不作為(特定の規定は除く。)、放散(的を外した射程、定義又は要件)、「金メッキ gold-plating 」(指令の要求を超えること)、「二重堤防 double-banking 」(既存の国内法と転置された指令との重複)、又は「這い寄る規制 regulatory creep 」(熱心すぎる法執行、あるいは規制の状況が不確実な国家)の結果として生じることがあり得る[3]

欧州委員会は、指令を適切に転置していない国を相手取って、欧州司法裁判所に訴えを提起することができる[4]。加えて、加盟国の個人又は企業も、EU指令が誤って転置され若しくは転置が遅滞しているとき、又は「EU法の条項又は理念に適合しないと考えられる、何らかの措置(法律、規則若しくは行政行為)若しくは加盟国に帰責すべき実務慣行があるとき」は、欧州委員会に異議を申し立てることができる[5]

欧州委員会は、EUの法令がどのように転置されたかを要約した年次報告書を、国及び部門当たりの違反の数及び類型の統計とともに公表している[6]

  • 参考文献

参考文献

  1. ^ Better Regulation Glossary”. European Commission. 2007年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月4日閲覧。
  2. ^ Archived copy”. 2009年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月17日閲覧。
  3. ^ Renda, Andrea (2009). Policy-Making in the EU: Achievements, Challenges and Proposals for Reform. CEPS. p. 76. ISBN 9290798858. 
  4. ^ Infringements of EU law”. European Commission. 2013年9月29日閲覧。
  5. ^ Exercise your rights”. European Commission. 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月29日閲覧。
  6. ^ Annual reports on monitoring the application of EU law”. European Commission. 2018年12月6日閲覧。