質屋
English: Pawnbroker

古くからある日本の質屋の店構え

質屋(しちや 英:Pawnbroker)とは、財産価値のある私有物品を(質草、担保)に取り、流質期限までに弁済を受けないときは当該質物をもってその弁済に充てる条件で金銭の貸し付け業務を行う事業者を指す[1]質店質舗、関西ではひちやとも呼ばれ、一六銀行(いちろくぎんこう)と言う俗称でも知られる。物品を質草にして金銭を借り入れることを「質入れ」といい、借入金を弁済して質草を取り戻すことを「質請け」という[2]