註釈学派

註釈学派(ちゅうしゃくがくは、ドイツ語: Glossatoren)とは、11世紀から13世紀にかけて、古代ローマ法(とくにその集大成であるユスティニアヌス法典など)の主要文言に註釈をつけて解釈を行った法学者の一派。中心地はボローニャで、そのためまたの名をボローニャ学派とも呼ばれる。同様にその学説はイタリア学風とも呼ばれる。

富井政章梅謙次郎が学んだフランス法の註釈学派は註釈学派 (フランス法)の項を参照。