記帳所事件

最高裁判所判例
事件名住民訴訟による損害賠償
事件番号平成1(行ツ)126
1989年(平成元年)11月20日
判例集民集第43巻10号1160頁
裁判要旨
天皇には民事裁判権は及ばない。
第二小法廷
裁判長香川保一
陪席裁判官牧圭次島谷六郎藤島昭奧野久之
意見
多数意見全会一致
反対意見なし
参照法条
憲法1条,裁判所法3条,民訴法1編1章
テンプレートを表示

記帳所事件(きちょうじょじけん)は、1989年昭和天皇崩御に伴う公費による記帳所開設を違法として、天皇に対して損害賠償を求めた住民訴訟[1]。天皇に民事裁判権があるかについて争われた。