行政事件訴訟法

行政事件訴訟法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称行訴法
法令番号昭和37年法律第139号
効力現行法
種類行政法訴訟法
主な内容行政事件訴訟の一般法
関連法令行政不服審査法行政手続法行政機関の保有する情報の公開に関する法律
条文リンク総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

行政事件訴訟法(ぎょうせいじけんそしょうほう、昭和37年5月16日法律第139号)は、事後における救済制度としての行政事件訴訟についての一般法1条)として制定された日本法律である。行政法における行政救済法の一つに分類される。杉本良吉 (裁判官) が立法担当者であった。

国家賠償法行政不服審査法、行政事件訴訟法を合わせて「救済三法」と呼ぶ。