著作隣接権

著作隣接権(ちょさくりんせつけん、仏: droits voisins 、英: related rights 、独: Verwandte Schutzrechte )とは、著作物の創作者ではないがその流布に貢献のある者に対して契約に基づかずに与えられる法律上の利益の総体をいう。著作隣接権の保護範囲は、法域ごとにばらつきが大きく、権利の外縁を特定することは困難である[注釈 1]が、実演家(歌手、俳優、声優など)の実演は、立法例の多くで保護の対象となっている。これに対して、本の出版は、言語や美術の著作物の創作と並んで古くから保護の対象とされてきたことから、著作隣接権に含ませない立法例が多い[1]

日本では著作権法第4章(89条〜104条)に規定があり、フランスでは知的所有権法典に関する1992年7月1日の法律第1部第2編(211の1条~217の3条)に規定があり、ドイツでは1965年9月9日の著作権及び著作隣接権に関する法律第2章(70条〜87e条)に規定がある。他方、アメリカの合衆国法典第17編には「著作隣接権」と銘打った一節はない[2]。国際条約としては、実演家、レコード製作者及び放送機関の保護に関する国際条約(略称:実演家等保護条約、ローマ条約など)と許諾を得ないレコード複製からのレコード製作者の保護に関する条約(略称:レコード保護条約など)とが重要である。