組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律

組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称組織的犯罪処罰法
法令番号平成11年8月18日法律第136号
効力現行法
種類刑事法
所管法務省
主な内容組織犯罪や犯罪収益に関する刑法の特別法
関連法令暴力団対策法破壊活動防止法
条文リンクe-Gov法令検索
テンプレートを表示

組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(そしきてきなはんざいのしょばつおよびはんざいしゅうえきのきせいとうにかんするほうりつ、平成11年8月18日法律第136号)は、暴力団テロ組織などの反社会的団体や、会社政治団体宗教団体などに擬装した団体による組織的な犯罪に対する刑罰の加重と、犯罪収益の資金洗浄(マネー・ローンダリング)行為の処罰、犯罪収益の没収追徴などについて定める日本法律である。略称は組織的犯罪処罰法組織犯罪処罰法など。

暴力団による薬物・銃器犯罪や、地下鉄サリン事件など、組織的犯罪の規模拡大・国際化が大きな治安悪化要因となっていることから、これに対処するため本法は制定された。