純粋法学

純粋法学(じゅんすいほうがく、: Reine Rechtslehre)とは、ハンス・ケルゼン1881年 - 1973年)が提起した法理論上の立場であり、ケルゼンによれば法実証主義の発展形である。