米州機構憲章

米州機構憲章(べいしゅうきこうけんしょう、英語: Charter of the Organization of American States、または短縮してCharter of the OAS)は1948年4月30日に締結された条約。米州機構の設立を定めた。ボゴタで行われた第9回パン=アメリカ会議で締結され、1951年12月13日に発効した。

その後、1967年2月27日のブエノスアイレス協定、1985年12月5日のカルタヘナ・デ・インディアス協定、1992年12月14日のワシントン協定、1993年6月10日のマナグア協定で改訂された[1]

締結国

締結国は下記の通り[2]