租税法

 

租税法(そぜいほう、英語:tax law)とは、日本においてはシャウプ勧告をうけて1950年代以降に大学の法学部で本格的な研究と教育が始まり、発展した法学の一分野。租税法の体系は、租税法学者である金子宏の講学上の分類に従えば、租税実体法、租税手続法、租税争訟法及び租税処罰法から成る[1]。2000年代の制度改革によって司法試験の選択科目とされ[2]公認会計士試験(論文式試験)の必修科目とされた[3]