福島県知事汚職事件

最高裁判所判例
事件名収賄、競売入札妨害被告事件
事件番号平成21(あ)1985
2012年(平成24年)10月15日
判例集刑集第66巻10号990頁
裁判要旨
県知事とその実弟が共謀の上、実弟が代表取締役を務める会社において、土地を早期に売却する必要性があったが、思うように売却できずにいる状況の中で、県が発注した建設工事受注の謝礼の趣旨の下に、受注業者の下請業者に当該土地を買い取ってもらい代金の支払を受けたという事実関係の下においては、売買代金が時価相当額であったとしても、当該土地の売買による換金の利益が賄賂に当たる。
第一小法廷
裁判長櫻井龍子
陪席裁判官金築誠志白木勇山浦善樹
意見
多数意見全員一致
参照法条
刑法(平成15年法律第138号による改正前のもの)197条1項
テンプレートを表示

福島県知事汚職事件(ふくしまけんちじおしょくじけん)とは、2000年代前半に起きた、福島県政における談合および贈収賄事件。