神戸高専剣道実技拒否事件

最高裁判所判例
事件名進級拒否処分取消、退学命令処分等取消請求事件
事件番号平成7年(行ツ)第74号
1996年(平成8年)3月8日
判例集民集50巻3号469頁
裁判要旨
信仰上の理由により、剣道の履修を拒否した高等専門学校の学生に、代替措置を講じず、原級留置し退学にした校長の処分は、違法である。
第二小法廷
裁判長河合伸一
陪席裁判官大西勝也 根岸重治 福田博
意見
多数意見全員一致
意見なし
反対意見なし
参照法条
憲法20条など
テンプレートを表示

神戸高専剣道実技拒否事件(こうべこうせんけんどうじつぎきょひじけん)とは、公立学校の学生が、自己の宗教的信条に反するという理由で、必修科目である剣道の履修を拒否したため留年(原級留置)処分となり、更に翌年度も原級留置処分を受けたために、学則にしたがい学校長により退学処分を受けたところ、当該処分が違法であるとして取消しを求めた行政訴訟(抗告訴訟)である。学校教育における信教の自由の保障が争われ、憲法学上著名な判例のひとつであると共に、裁量統制を巡る重要な判例のひとつとして行政法学上も著名である。