皇居前広場事件

最高裁判所判例
事件名 皇居外苑使用不許可処分取消等請求
事件番号昭和27(オ)1150
1953年(昭和28年)12月23日
判例集 民集第7巻13号1561頁
裁判要旨
昭和二七年五月一日のメーデーのための皇居外苑使用不許可処分の取消を求める訴は、右期日の経過により判決を求める法律上の利益を喪失する。
大法廷
裁判長田中耕太郎
陪席裁判官霜山精一井上登真野毅小谷勝重島保斎藤悠輔藤田八郎岩松三郎河村又介谷村唯一郎小林俊三本村善太郎入江俊郎栗山茂
意見
多数意見全会一致
意見栗山茂
反対意見なし
参照法条
行政事件訴訟特例法1条,民訴法第2編第1章第1節訴
テンプレートを表示

皇居前広場事件(こうきょまえひろばじけん)とは皇居外苑(皇居前広場)の使用不許可に関する訴訟[1]