犯罪生物学

犯罪生物学(はんざいせいぶつがく)とは犯罪の原因を生物学的に探求する学問を指す。

古典的なところでは、ロンブローゾ(Cesare Lombroso、1836頃 - 1909)による解剖学的、人類学的研究を祖とする。