特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律

特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称入場券不正転売禁止法、チケット不正転売禁止法
法令番号平成30年12月14日法律第103号
効力未施行
種類経済法
所管文部科学省
主な内容特定興行入場券の不正転売の禁止
関連法令各都道府県の迷惑防止条例
条文リンク衆議院(法案)
テンプレートを表示

特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律(とくていこうぎょうにゅうじょうけんのふせいてんばいのきんしとうによるこうぎょうにゅうじょうけんのてきせいなりゅうつうのかくほにかんするほうりつ)は、いわゆるチケット転売を禁止し、その防止等に関する措置等を定める日本の法律である。

入場券不正転売禁止法[1]入場券転売禁止法[2]チケット不正転売禁止法[3]ともいう。

この法律は附則第1条の規定により「公布の日から起算して6月を経過した日から施行する」となっているため、2019年6月14日から施行される予定である。