消費税法

消費税法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称なし
法令番号昭和63年法律第108号
効力現行法
種類租税法
主な内容租税法律主義に基づき消費税について定めた法律
関連法令日本国憲法行政不服審査法行政事件訴訟法国税通則法国税徴収法国税犯則取締法所得税法法人税法地方税法、電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律
条文リンクe-Gov法令検索
テンプレートを表示

消費税法(しょうひぜいほう、昭和63年法律第108号)は、広義の消費税付加価値税,VAT)に関する法体系の一部を構成する法律[1]。資産の譲渡等に対する税金について定められている。

目的税であり、「消費税の収入については、地方交付税法(昭和二十五年法律第二百十一号)に定めるところによるほか、毎年度、制度として確立された年金医療及び介護社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとする(第1条第2項)」と定められている。