法制史

法制史(ほうせいし)とは、法律歴史や、歴史上の法律のあり方について研究する学問法史学(ほうしがく)・国制史(こくせいし)などとも呼ばれる。

歴史学としての側面と法律学としての側面を併せ持っており、歴史学の分野からは法律制度やこれに基づく国家体制の変遷などを明らかにする学問であり、法律学の分野からは法律の発展を歴史学的方法を通じて明らかにする学問である。