民事再生法

民事再生法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称なし
法令番号平成11年12月22日法律第225号
効力現行法
種類民事法、商事法、倒産法
主な内容再生手続
関連法令民法破産法会社更生法
条文リンクe-Gov法令検索
テンプレートを表示

民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)は、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。適用された法人は一般人における自己破産となる。

従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止。)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。