楽浪郡

楽浪郡
Map of The east barbarian 0.png
紀元前1世紀頃の東夷諸国と楽浪郡の位置
各種表記
ハングル낙랑군(南) / 락랑군(北)
漢字樂浪郡
発音らくろうぐん
日本語読み:ナンナングン(南) / ランナングン(北)
2000年式

MR式
Nangnang-gun(南) / Rangnang-gun(北)
Nangnang-gun(南) / Rangnang-gun(北)
楽浪郡
各種表記
繁体字樂浪郡
簡体字乐浪郡
拼音Lèlàng Jùn
注音符号ㄌㄜˋㄌㄤˋ ㄐㄨˋㄋ
発音:ローランジュン
テンプレートを表示

楽浪郡(らくろうぐん)は、漢朝によって設置され、紀元前108年から西暦313年まで存在した、朝鮮半島北部の植民地との見方も存在する[1][2])。真番郡臨屯郡玄菟郡と共に漢四郡と称される。東方における中華文明の出先機関であり、朝鮮や日本の中華文明受容に大きな役割を果たした。楽浪郡の住民は王氏が多く韓氏がこれに次ぎ、この二氏でかなりの率を占めていた。