業務災害の場合における給付に関する条約

業務災害の場合における給付に関する条約
C121
国際労働条約
採択日1964年7月8日[1]
発効日1967年7月28日[1]
分類業務災害給付[1]
テーマ社会保障[1]
商業及び事務所における衛生に関する条約
雇用政策に関する条約

業務災害の場合における給付に関する条約(ぎょうむさいがいのばあいにおけるきゅうふにかんするじょうやく、英語: Convention concerning Benefits in the Case of Employment Injury)は、国際労働機関の条約。1964年7月8日に採択され、1967年7月28日に発効した[2]農業に於ける労働者補償に関する条約労働者災害補償に関する条約労働者職業病補償に関する条約1934年の改正条約を改定して、業務災害給付でカバーすべき事故を定めた条約[1]

2018年4月現在、24か国が批准している[2]

  • 脚注

脚注

  1. ^ a b c d e 1964年の業務災害給付条約(第121号)” (日本語). ILO. 2018年4月23日閲覧。
  2. ^ a b Ratifications of C121 - Employment Injury Benefits Convention, 1964” (英語). ILO. 2018年4月23日閲覧。