朴槿恵韓国大統領弾劾訴追

憲法裁判所付近での弾劾決定に関する反応

朴槿恵韓国大統領弾劾訴追(パク・クネかんこくだいとうりょうだんがいそつい、朝鮮語: 박근혜 대통령 탄핵 소추)は2016年12月9日大韓民国国会朴槿恵大統領を弾劾訴追した政治事件である。弾劾訴追の結果、憲法裁判所は朴槿恵の罷免を認める判断を下し、1987年の韓国民主化以来、初の任期途中での失職となった。また大統領弾劾訴追は2004年盧武鉉元大統領弾劾訴追された事案に続く2例目であった。