最適資本所得課税

最適資本所得課税(さいてきしほんしょとくかぜい)は最適課税論の分野であって、効用のような与えられた経済的判断条件を最適にするような、資本所得の計画の研究を意味する[1]。将来の消費としての資本所得の概念化から始まる、資本所得の課税は、将来における消費として現在における消費税とは区別されて相応する。したがって、個人の貯蓄歪みと個人としての消費の振る舞いにおける、資本所得課税の結果は、現在の消費をもってより重く課税された将来の消費を置き換える。これらの歪みのせいで、アトキンソン・スティグリッツの定理 (1976) ならびにシャムレイ-ジュッド(: Chamley–Judd)のゼロ資本所得課税の結果 (1985/1986) によって仮定された結論である。資本所得のゼロ課税はもしかすると最適かもしれない[2]。最適資本所得課税における後続の著作はゼロ資本所得課税の理論的最適性がもとにする仮定を明らかにし、また肯定的(または否定的)な最適資本課税についての多様な主張を進歩させた。