暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称暴対法、暴力団対策法
法令番号平成3年5月15日法律第77号
効力現行法
種類特別刑法
主な内容暴力団の取締り
関連法令組織犯罪処罰法
条文リンク総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(ぼうりょくだんいんによるふとうなこういのぼうしとうにかんするほうりつ、平成3年法律第77号)は、暴力団員の行う暴力的要求行為について必要な規制を行い、及び暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険を防止するために必要な措置を講ずるとともに、暴力団員の活動による被害の予防等に資するための民間の公益的団体の活動を促進する措置等を講ずることにより、市民生活の安全と平穏の確保を図り、もって国民の自由と権利を保護することを目的とする日本法律である。略称は暴対法[1]暴力団対策法暴力団新法[2]など。