旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律

旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称強制不妊救済法、旧優生保護法一時金支給法
法令番号平成31年4月24日法律第14号
効力現行法
種類社会保障法
所管厚生労働省
主な内容旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給に関する事項を定める
関連法令優生保護法母体保護法
条文リンク厚生労働省ウェブサイト
テンプレートを表示

旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律(きゅうゆうせいほごほうにもとづくゆうせいしゅじゅつとうをうけたものにたいするいちじきんのしきゅうとうにかんするほうりつ、平成31年4月24日法律第14号)は、「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給に関し必要な事項等を定める」(第1条)法律である。

行政機関の文書以外では、強制不妊救済法(きょうせいふにんきゅうさいほう)、旧優生保護法一時金支給法(きゅうゆうせいほごほういちじきんしきゅうほう)などの通称で呼ばれることが多い。