旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷
ICTY logo.svg
裁判所のロゴ
設置1993年5月25日
旧ユーゴスラビア
所在地オランダの旗 オランダハーグ
座標北緯52度04分04秒 東経4度21分13秒 / 北緯52度04分04秒 東経4度21分13秒 / 52.0679; 4.3535
認可安全保障理事会決議827英語版
判事任期4年間
判事構成人数常設16人
代理人12人
ウェブサイトhttp://www.icty.org/
ハーグにある裁判所の建物
建物正面
建物側面

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(きゅうユーゴスラビアこくさいせんぱんほうてい、International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia, ICTY(アイシーティーワイまたはイクティ))は、国際連合安全保障理事会決議827によって1993年5月に設置された、旧ユーゴスラビア紛争の戦後処理を目的とした国際司法機関。正式名称は1991年以後旧ユーゴスラビアの領域内で行われた国際人道法に対する重大な違反について責任を有するものの訴追のための国際裁判所(International Tribunal for the Prosecution of Persons Responsible for Serious Violations of International Humanitarian Law Committed in the Territory of the Former Yugoslavia since 1991)。旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所ともいわれる。

2017年12月21日に閉廷式典が開かれた[1]。合計161人が訴追(うち90人以上はセルビア人)され、有罪判決が下った受刑者はICTYと協定を結んだ欧州14カ国で収監された。召喚された証人は約4650人、起訴状や判決文は約250万ページに達した。今後は、1000人以上いた職員が半分以下に減って残務処理を行い、ラドヴァン・カラジッチら2被告の控訴審は国連の国際刑事裁判メカニズムが引き継ぐ[2]