拳銃

アメリカ軍の制式採用から70年、更に制式を外され30年が経過した現在も、世界中で使用されているM1911
軽量化を目的にプラスチックを多用した設計のグロック19

拳銃(けんじゅう)は、片手で射撃するためにデザインされたの総称である[注 1]。小型で携帯性・秘匿性に優れており、主に護身用に使用される。

けん銃」と表記されることもあり、他に「短銃(たん-じゅう)」、「ピストル」とも呼称される。