憲法

憲法(けんぽう)とは、統治の根本規範()となる基本的な原理原則に関して定めた法規範をいう(法的意味の憲法)。一般的に国家は個々の国民生殺与奪の権利を認めない。なお、法規範ではなく国家の政治的統一体の構造や組織そのものを指す場合もあり(事実的意味の憲法)[1]、このほか憲法は多義的な概念として論じられる[2]国家における統治機構統治者為政者、また国民の義務権利に加え、前文に「」の成り立ちや政府樹立の目的、さらには「」について記載されたりもする[3]