意匠法

意匠法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称なし
法令番号昭和34年法律第125号
効力現行法
種類知的財産法
主な内容意匠について
関連法令知的財産基本法特許法
条文リンクe-Gov法令検索
テンプレートを表示

意匠法(いしょうほう)は、工業上利用できる物品の形状、模様若しくは色彩などの形態で処理された視覚を通じて生じる美感の保護及び利用を図ることによって、意匠の創作を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする法律である。産業財産権四法(特許法、実用新案法、意匠法及び商標法)のうちの一つ。