往来を妨害する罪

往来を妨害する罪
Scale of justice 2.svg
法律・条文刑法第124条-第129条
保護法益交通の安全
主体人、第129条第2項に関しては業務に従事する者(不真正身分犯)
客体陸路・水路・橋・鉄道・標識・灯台・浮標・汽車・電車・艦船
実行行為損壊・閉塞・転覆・破壊
主観故意犯、第129条に関しては過失犯
結果具体的危険犯
実行の着手各類型による
既遂時期各類型による
法定刑各類型による
未遂・予備未遂罪(第128条)
テンプレートを表示

往来を妨害する罪(おうらいをぼうがいするつみ)とは、公共交通に対する妨害行為によって成立する犯罪刑法第124条から第129条まで(第二編 罪 第十一章 「往来を妨害する罪」)に規定されている。