建築基準法

建築基準法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称建基法
法令番号昭和25年法律第201号
効力現行法
種類行政法
主な内容建築物に対する基準など
関連法令都市計画法消防法ほか
条文リンクe-Gov法令検索
テンプレートを表示

建築基準法(けんちくきじゅんほう、昭和25年5月24日法律第201号)は、国民の生命・健康・財産の保護のため、建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低基準を定めた、日本の法律である。前身は市街地建築物法(大正8年法律第37号)である。