宇野経済学

宇野経済学(うのけいざいがく)とは、マルクス経済学の一派で、宇野弘蔵が1930年代の講座派労農派の対立の止揚を試みることにより、その基礎を打ち立てた。宇野派、宇野学派とも呼ばれる。