宇宙法

宇宙法(うちゅうほう、: Space Law)は、宇宙空間とその利用に関する国内法および国際法(国際宇宙法)の総称[1]。国際宇宙法は、主に1959年国際連合総会決議1472号に基づいて設置された国際連合宇宙空間平和利用委員会(United Nations Committee on the Peaceful Uses of Outer Space、COPUOS)の法律小委員会[2]が所掌して作られたもので、1967年宇宙条約を基本にして「宇宙5条約」または「国連宇宙5条約 」とも呼ばれる5個の条約からなっている[3]