大日本帝国憲法

大日本帝国憲法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称明治憲法、帝国憲法、旧憲法など
法令番号なし
効力第73条により全部改正
または事実上の失効
種類憲法
主な内容天皇の大権事項、臣民の権利義務、帝国議会、国務大臣の輔弼、司法
関連法令日本国憲法
旧皇室典範
議院法
内閣官制
裁判所構成法
ウィキソース原文
テンプレートを表示
憲法発布略図
1889年(明治22年)、楊洲周延
新皇居於テ正殿憲法発布式之図
1889年(明治22年)、安達吟光

大日本帝国憲法(だいにほんていこくけんぽう、だいにっぽんていこくけんぽう、旧字体:大日本帝國憲法)は、1889年明治22年)2月11日公布1890年(明治23年)11月29日施行された、外見的立憲主義に基づく日本憲法 [注釈 1]

明治憲法(めいじけんぽう)、あるいは単に帝国憲法(ていこくけんぽう)と呼ばれることも多い。現行の日本国憲法との対比で旧憲法(きゅうけんぽう)とも呼ばれる。

短期間で停止されたオスマン帝国憲法を除けば実質上のアジア初の近代憲法である。1947年昭和22年)5月3日の日本国憲法施行まで半世紀以上の間[注釈 2]、一度も改正されることはなかった。1947年(昭和22年)5月2日まで存続し、1946年(昭和21年)11月3日第73条の憲法改正手続による公布を経て、翌1947年(昭和22年)5月3日日本国憲法が施行された。