国際法

国際法(こくさいほう、: International Law, Law of Nations: Droit international, Droit des gens西: Derecho Internacional)とは、国際社会(「国際共同体」: the international community: la communauté internationale西: la comunidad internacional)を規律するをいう[1]国際私法と対比させて国際公法: Public International Law: Droit international public西: Derecho Internacional Público)ともいわれるが、国内法制度における私法公法の関係のように両者が対立的な関係にあるわけではない[1]条約慣習国際法、法の一般原則が国際法の存在形式(形式的法源)とされる[2]。かつては国家間の関係のみを規律する法と考えられてきたが、現代では国際組織や個人の関係や、これらと国家との関係を規律する法と考えられている[1]