国際商取引における外国公務員に対する贈賄の防止に関する条約

国際商取引における外国公務員に対する贈賄の防止に関する条約(略称はOECD外国公務員贈賄防止条約、英語: The OECD Anti-Bribery Convention)は、経済協力開発機構(OECD)の条約。各参加国の民間企業が国際商取引上でする賄賂への制裁を促進し、汚職(腐敗)を減じることが目的である。現代における国際商環境に真の競争の創造することを目標としている。この条約は賄賂の要求や収賄の犯罪化を求めてはおらず、贈賄や贈賄の申し出の犯罪化を要請するものである。

2017年の研究結果では、同条約参加国の多国籍企業は、未参加国の企業よりも贈収賄に関与が少ないらしいことが分かった[1]