国際人道法

国際人道法(こくさいじんどうほう、英語: international humanitarian law、略称:IHL、フランス語: Droit international humanitaire、略称:DIH)は、第二次世界大戦後につくられた概念で、1971年の「武力紛争に適用される国際人道法の再確認と発展のための政府派遣専門家会議」で初めて使われた国際的な法規集合である。